GDP戦後最大の下げという割には

Appleはまだ成長している。不景気とは言ってもApple製品を購入できるだけの余力はあるということで良い話。

旅行や外食で消費していた分が在宅勤務需要でこちらに回ったとかだろうか。

iPad Pro用のキーボード

以前に書いた記事で欲しいなあと思っていたiPad Pro用のキーボードが販売されていた。開いた時にキーボードの面が外側にむき出しになるのがちょっと気になるが良さそうではある。

現状は、キーボードを必要とする場面はそれほど多くないということでスタンドできるカバーと折り畳みできて携帯性の高いBluetoothキーボードの組み合わせで使っている。これで今のところは困ってない。

キーボードはiCleverの3つ折りのを使ってます。ちょっとミスタッチしやすいかなというくらい。

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 軽量 薄型 ワイヤレス キーボード 充電式 スマホ タブレットpc マルチペアリング可能 IC-BK03ブラック シルバー

新品価格
¥3,980から
(2020/7/30 12:39時点)

経験年数

いろいろなモノゴトのスキルを測りたい時に経験年数を聞くことはよくあります。

それどれくらい続けてるの?

でも、その期間だけがスキルの高さを決めないことは自分自身を振り返って見てもわかります。どれだけその期間で密度の高い経験をしたかという観点も必要です。

それが趣味の場合は、少なくても期間を長く続けていれば好きなんだなということは伺えそうです。最近、Youtubeで見て試しにやってみたくらいなのか、やってみたら面白かったので続けているということなのか。それでもその分野でのスキルが高いのかはやはり測れません。

でも人はみな、期間を聞いてしまうのはなぜなのだろうか?

そんなことを以下のnoteの記事を読んで思いました。

濃厚接触通知アプリのAPIの提供開始

各社の技術ドキュメントが公開されてました。

Apple

https://developer.apple.com/documentation/exposurenotification

Google

https://www.google.com/covid19/exposurenotifications/

運用が大変そう

各国で実装ができたとして、そのシステムをどう運用するのかを整理するのがキモ。

  • 利用者数をどう増やすか
  • 感染者との接触が検知されて通知を受け取った場合にどういう行動が必要か
  • 通知を受け取った人に対しての医療機関の対応
  • 感染がわかった時にその情報の登録はどのように行うか

緊急事態宣言が首都圏でも来週には解除される見込みとなってきています。
解除される前にどういうことに気をつけて行動するのが良いかや、もしもの時にどうすれば良いのかもセットでアナウンスして欲しいところ。

不正検知

Amazonが自社で20年以上運用してきた不正検知の仕組みをAWSのサービスAmazon Fraud Detectorとして公開してくれるようで素晴らしい。

https://aws.amazon.com/jp/fraud-detector/

これを多くの人が利用してモデルが強化されたらクレジットカード決済の不正検知を専門でやっているような会社はどうなっていくのだろうと勝手に心配してしまう。

まだプレビュー公開だけど利用できるようになったら試してみたいなと思うサービス。

ANKER モバイルバッテリー購入

Apple Store で購入 Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger
https://www.apple.com/jp/shop/product/HMQD2ZM/A/anker-powercore-fusion-power-delivery-battery-and-charger

コンセントから直接給電できてモバイルバッテリーとしても利用できるもので且つ、MacBookへのPower Deliveryにも対応したものを探していました。

黒を購入しました。ちょっと指紋が目立つかもしれないですが質感は良い。

今年のブラックフライデー

このところブラックフライデーのキャンペーンで割引であったりポイント還元であったりやっているのでお得なものを探してAmazonやヤフーショッピングなどを物色してます。

ところでブラックフライデーってなんだろう?
ググって見たところウィキペディアではの記載では感謝祭の翌日とのこと。日本では感謝祭でお休みってこともないので本来あまり関係なさそうですね。

ブラックフライデー(英語Black Friday)とは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。

またサイトによって22日だったり、29日だったりしていて解釈の問題なのかな?

年末にかけて、もっと安くなりそうな気もしてなかなか買えてないです。

JALも限定の専用ツアーを発売するみたいで要チェック。



Google PayがQUICPay対応でKyashも利用可能に

iPhoneではApplePay対応が進みませんが。。
KyashのApplePay対応は誤報

Google PayがQUICPayに対応しKyashも利用できるようです。

ワリカンなどで回収したKyashの残高をリアル店舗で使いやすくなるのは素晴らしい。

iPhoneではOrigamiPayにKyashのカードを登録することでローソンなんかで利用できることを最近知りました。
キャッシュバックの還元率も良いみたいなのでLINE Payみたいにキャッシュバックがなくなる前に試しておくのが良いかもですね。

VPNサービスと動画配信サイト

先日、タイにいってきました。
その際にJリーグの試合の観戦をしたくてHotspotVPNを利用して日本サーバから接続してみましたが観ることはできませんでした。
以前はこの方法で海外から接続できたことがあったのですが。。ついでにスカパーオンデマンドもダメでした。

おそらく有名どころのVPNサービスが利用しているIPアドレスをブラックリスト化しているのかなと思われますが利用者側からすると残念です。
海外での配信権を持っていないからということだと思うので実際VPNを利用してもみられないのがサービス提供者としては正しい状況です。

ゲームや動画配信の権利って音楽に比べると全世界で提供できるようなライセンスを取得するのが難しいものなのですかねえ?
そもそもサービス提供者がコンテンツごとの配信料を視聴数とかで従量で権利者に支払うような契約ができるなら再生された分だけきちんと権利者に支払いがされて、視聴を制限するよりもみんな得すると思うのですけどそうも行かない事情があるのかな。

コンテンツを持っている人にきちんと利益を配分しつつ、ユーザが利用しやすいようになるといいなあと思ったのでした。

Dash Buttonの新規登録ができない

以前にミネラルウォーターと洗濯用洗剤のDash Buttonを買って使っています。

つい先日、オールフリーのDash Buttonを購入しました。これです。

オールフリー Dash Button

新品価格

¥500から
(2018/7/16 22:39時点)

最近は炭酸水やオールフリーなどのノンアルコールビールにはまっています。
暑くなってきたのでオールフリーを切らさないように購入しました。

以前にもDash Buttonは設定したことあったので何気なく設定を始めたのですがなんかエラーが出て設定が完了できません。。

たまたまかなと思って、端末を再起動したりルータの再起動したりしながら10回くらい試してみましたが全然解決できません。
そこでサポートにチャットお問い合わせをしてみました。

始めは普通のトラブルシューティングを案内されます。
1、 Dash Buttonがお使いのスマートフォンの近くにあること
2、Wi-Fiネットワークの接続範囲内であること
3、Dash Buttonのセットアップ時に使用したAmazonアカウントで Amazonショッピングアプリにサインインしていること

また、「他のスマートフォンを使用して、再度接続を試していただけますでしょうか。」ということで手元の他のiPhoneでやってみましたがだめ。

そうするとサポートは言いました。

上記のトラブルシューティングを行って問題が改善できなっかたので、恐らくネットワークの不具合可能性が高いです。
お客様はプロバイダーまたはネットワーク管理者にお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

ん?なんとネットワークの問題!
いやいや、他の機器は同じネットワークで問題なくインターネットに接続できているし、別のダッシュボタンは動いてますよ、と伝えたところ別の部署へエスカレーションされました。

そちらの担当者いわく

お調べしましたところ、お客様は、Amazon.comのアカウントと結合されていることがわかりました。
大変申し上げにくいのですが、アカウントを結合されている場合、Dash Buttonの登録ができない問題が発生しております。

きたーー
またこの問題ですね。

また「調査中ではございますが、長期間未解決の状況でして、今すぐに解決することが難しい状況です。」とのことで解決の目処が立っていない模様。

ということで返金手続きを取ることになりました。

“Amazon.comのアカウントと結合” しているユーザはダッシュボタンの新規導入はできない状況のようです。
ヘルプや購入ページにそういった記載は一切ありませんでした(2018-07-16現在)ので該当する方は気をつけましょう!

追記
Wifi設定だけでもできていれば別の用途に使えるかな?と思ったけれどできなそうだった。
macアドレスが拾えない。。

サントリー オールフリー 350ml×24本 ノンアルコールビールテイスト飲料

新品価格

¥2,299から
(2018/7/16 22:38時点)