ルービックキューブ

最近、ふとルービックキューブをやってみたくなってアマゾンで購入。

小学生の頃に家にあったと思うけど6面揃えることはできなかったが記憶ある。その当時はインターネットで揃え方を検索したら出てくるってことでもなかったので、何か攻略本のようなものを父が買ってきてやっていたような気がする。

届いて早速、適当にやってみるもいわゆる完全一面を作るくらいしか直感的にはできず。

こんなとき今では解説を動画で観られるようになっていて、きちんと同じようにやっていけば完成させることは割と容易。

これ気分転換とか頭の体操的に1分とかでやる人ってパターンを覚えているということなのかな。とりあえず下の動画をみて下から2列まで揃えるところまでは自力でできるようになった。そこから先の3ステップも手順書みないで動かせるように練習続けてみる。

【ルービックキューブ 揃え方】初心者さんでも必ずルービックキューブを揃えられて1分30秒を切ることができるように、日本一わかりやすく解説しました。これがルービックキューブの六面のやり方です!

GDP戦後最大の下げという割には

Appleはまだ成長している。不景気とは言ってもApple製品を購入できるだけの余力はあるということで良い話。

旅行や外食で消費していた分が在宅勤務需要でこちらに回ったとかだろうか。

iPad Pro用のキーボード

以前に書いた記事で欲しいなあと思っていたiPad Pro用のキーボードが販売されていた。開いた時にキーボードの面が外側にむき出しになるのがちょっと気になるが良さそうではある。

現状は、キーボードを必要とする場面はそれほど多くないということでスタンドできるカバーと折り畳みできて携帯性の高いBluetoothキーボードの組み合わせで使っている。これで今のところは困ってない。

キーボードはiCleverの3つ折りのを使ってます。ちょっとミスタッチしやすいかなというくらい。

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 軽量 薄型 ワイヤレス キーボード 充電式 スマホ タブレットpc マルチペアリング可能 IC-BK03ブラック シルバー

新品価格
¥3,980から
(2020/7/30 12:39時点)

経験年数

いろいろなモノゴトのスキルを測りたい時に経験年数を聞くことはよくあります。

それどれくらい続けてるの?

でも、その期間だけがスキルの高さを決めないことは自分自身を振り返って見てもわかります。どれだけその期間で密度の高い経験をしたかという観点も必要です。

それが趣味の場合は、少なくても期間を長く続けていれば好きなんだなということは伺えそうです。最近、Youtubeで見て試しにやってみたくらいなのか、やってみたら面白かったので続けているということなのか。それでもその分野でのスキルが高いのかはやはり測れません。

でも人はみな、期間を聞いてしまうのはなぜなのだろうか?

そんなことを以下のnoteの記事を読んで思いました。

濃厚接触通知アプリのAPIの提供開始

各社の技術ドキュメントが公開されてました。

Apple

https://developer.apple.com/documentation/exposurenotification

Google

https://www.google.com/covid19/exposurenotifications/

運用が大変そう

各国で実装ができたとして、そのシステムをどう運用するのかを整理するのがキモ。

  • 利用者数をどう増やすか
  • 感染者との接触が検知されて通知を受け取った場合にどういう行動が必要か
  • 通知を受け取った人に対しての医療機関の対応
  • 感染がわかった時にその情報の登録はどのように行うか

緊急事態宣言が首都圏でも来週には解除される見込みとなってきています。
解除される前にどういうことに気をつけて行動するのが良いかや、もしもの時にどうすれば良いのかもセットでアナウンスして欲しいところ。

不正検知

Amazonが自社で20年以上運用してきた不正検知の仕組みをAWSのサービスAmazon Fraud Detectorとして公開してくれるようで素晴らしい。

https://aws.amazon.com/jp/fraud-detector/

これを多くの人が利用してモデルが強化されたらクレジットカード決済の不正検知を専門でやっているような会社はどうなっていくのだろうと勝手に心配してしまう。

まだプレビュー公開だけど利用できるようになったら試してみたいなと思うサービス。

ANKER モバイルバッテリー購入

Apple Store で購入 Anker PowerCore Fusion Power Delivery Battery and Charger
https://www.apple.com/jp/shop/product/HMQD2ZM/A/anker-powercore-fusion-power-delivery-battery-and-charger

コンセントから直接給電できてモバイルバッテリーとしても利用できるもので且つ、MacBookへのPower Deliveryにも対応したものを探していました。

黒を購入しました。ちょっと指紋が目立つかもしれないですが質感は良い。

今年のブラックフライデー

このところブラックフライデーのキャンペーンで割引であったりポイント還元であったりやっているのでお得なものを探してAmazonやヤフーショッピングなどを物色してます。

ところでブラックフライデーってなんだろう?
ググって見たところウィキペディアではの記載では感謝祭の翌日とのこと。日本では感謝祭でお休みってこともないので本来あまり関係なさそうですね。

ブラックフライデー(英語Black Friday)とは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。

またサイトによって22日だったり、29日だったりしていて解釈の問題なのかな?

年末にかけて、もっと安くなりそうな気もしてなかなか買えてないです。

JALも限定の専用ツアーを発売するみたいで要チェック。



Google PayがQUICPay対応でKyashも利用可能に

iPhoneではApplePay対応が進みませんが。。
KyashのApplePay対応は誤報

Google PayがQUICPayに対応しKyashも利用できるようです。

ワリカンなどで回収したKyashの残高をリアル店舗で使いやすくなるのは素晴らしい。

iPhoneではOrigamiPayにKyashのカードを登録することでローソンなんかで利用できることを最近知りました。
キャッシュバックの還元率も良いみたいなのでLINE Payみたいにキャッシュバックがなくなる前に試しておくのが良いかもですね。