GDP戦後最大の下げという割には

Appleはまだ成長している。不景気とは言ってもApple製品を購入できるだけの余力はあるということで良い話。

旅行や外食で消費していた分が在宅勤務需要でこちらに回ったとかだろうか。